除毛クリーム

除毛クリームって本当に効果あるの?

効果があるなら脱毛サロンに行く人がいなくなるはず。
でもそんなことにはなっていないってことは・・・

そんな疑問を抱いていませんか?

ここではそんな疑問にこたえるために、除毛クリームはどれぐらいの効果があるのかについて解説したいと思います。

 

1. 除毛クリームの効果ってどれくらい?

多くの人が気になっている除毛クリームの効果ですが、同じ自己処理であればカミソリやシェーバーよりも綺麗にムダ毛処理ができる可能性が非常に高いです。

と、いうのもカミソリやシェーバーでムダ毛処理をするとどうしても剃りにくい箇所が出てくるため「〇〇は綺麗に処理できたけど、〇〇は中途半端に毛が残っている」といったことが多くなります。

逆に除毛クリームであれば気になる箇所や部位にクリームを塗布するだけで毛を取り除くことが可能となるため簡単且つ手軽にムダ毛処理を行うことができ、最終的にはツルツルといった表現がぴったりの仕上がりが期待できます。

またカミソリやシェーバーで処理した時に残る独特の「チクチクした感触」「ザラザラした感触」というのが除毛クリームでは大幅に軽減されています。

これは除毛クリームには毛先を丸く溶かす作用があるためです。カミソリやシェーバーで毛を処理するとどうしても毛先というのは平坦となるため、角ができるようになります。

この角の影響で肌を触った時にチクチクしたり、ザラザラするという感触を覚えるようになるのです。

この感触は人によっては苦手という声も聞かれるため、カミソリやシェーバーを使用したムダ毛処理のデメリットを解消したいという方には除毛クリームは特におすすめといえます。

除毛クリームの効果
〇 ムラなく綺麗な仕上がりになりやすい
〇 カミソリやシェーバーでの処理よりも効果あり
〇 毛先が丸くなるためチクチク、ザラザラした感触が大幅に軽減できる

 

2. 除毛クリームって何?脱毛クリームとの違いについて

除毛クリームとはその名の通り「毛を除く」ことができるクリームです。

除毛クリームを探している方の中には「似たような名前で脱毛クリームがあるけど、どう違うの?」という疑問を抱えている方もいると思いますが、これらはネーミングが違うだけで中身は一緒という場合がほとんどです。

除毛クリームや脱毛クリームと呼ばれる商品に配合されている主な成分は「チオグリコール酸カルシウム」というものです。

チオグリコール酸カルシウムの主な特徴、効果としてはタンパク質を分解するなどが挙げられます。

私たち人間の毛というのはタンパク質の一種であるケラチンという成分で構成されているため、チオグリコール酸カルシウムが配合された除毛クリームや脱毛クリームを気になる箇所に塗布することでムダ毛を溶かし、取り除くことが可能となります。

これが除毛クリームや脱毛クリームの大きな特徴です。

除毛クリームや脱毛クリームを購入する前に覚えておきたいことですが、これらの商品には「脱毛効果はない」という点です。

脱毛と除毛の違いですが脱毛というのは「毛を毛根から取り除く」ことであり、除毛は「肌の表面にのみ出ている毛を取り除く」とことを目的としています。

厳密にいえば除毛クリームや脱毛クリームは塗布した後に徐々に毛穴の奥に浸透していくため【肌の表面の毛+毛穴の少し奥までの毛】には効果が期待できますが、毛を成長させる細胞までに届かせることは不可能です。

そのため脱毛サロンや医療機関などで行われる「毛根にダメージを与えながら毛の再生力を弱らせ、ムダ毛が生えにくい環境を作る」といった効果を期待するのは難しいです。

これは除毛クリームに限らず、脱毛クリームと呼ばれている商品にも同じことがいえます。

除毛クリームの主な特徴
〇 毛の主成分であるタンパク質を溶かす成分が配合されている
〇 サロンやクリニックのような脱毛効果は期待できない
〇 除毛クリームも脱毛クリームもネーミングが違うだけで期待できる効果は同じ

 

3. 除毛クリームの効果が持続する期間について

「除毛クリームの効果が高いのはわかったけど、効果が期待できる期間はどれくらいなの?」と気にする方も多いです。

除毛クリームの効果持続期間ですが、これは体質や毛量の違いなどがあるため正確な日数を断言するのは難しいです。

しかし平均で見ると3日~7日程度の効果が期待できます。

ここで気になるのが「3日~7日程度の効果が期待できるって短いの?長いの?」という点ではないでしょうか。

そこで他のムダ毛処理方法の効果持続期間を取り上げてみたいと思いますが、脱毛サロンでの全身脱毛1回分は平均で約1ヶ月の間、綺麗なお肌の状態を保てるとされています。

これはもちろん各サロンでの施術方法や体質などの個人差もあるため必ずしも1ヶ月は大丈夫というわけではありませんが、一つの参考にはなる数字です。

また脱毛サロンの施術よりも3倍の効果を期待できるとされている医療脱毛になると1回でも「毛が生えにくくなった気がする」という方もいるため、効果の持続期間という意味では医療脱毛が最も長くなります。

これらの店舗や医療機関で行う脱毛の効果持続期間を見ると「除毛クリームだとこまめに手入れをしなきゃならないな・・・」となりがちです。

しかし自宅での自己処理方法としては毛穴の少し奥の毛まで溶かすことができるため、肌の表面の毛にしかアプローチをかけられないカミソリやシェーバーと比較すると効果持続期間というのは長くなります。
ちなみにカミソリやシェーバーだと個人差はありますが、2日~3日もすると新しいムダ毛が生えてくるという方も多いです。

除毛クリームの効果持続期間
〇 体質など個人差はあるが平均で3日~7日
〇 脱毛サロンやクリニックよりも持続期間は短い

 

4. 除毛クリームの肌へのダメージはどれくらい?

先ほども取り上げたように除毛クリームにはタンパク質を分解する成分が配合されています。
そのため「同じタンパク質で構成されてる肌にも大きなダメージを与えるのでは?」と心配される方も多いです。

しかし近年の除毛クリームはこの肌への負担も考慮して開発されているものが多く、商品によっては敏感肌など肌質が弱い方でも問題なく使用することができます。

もちろん肌への負担が軽減されたからといって、全くのノーダメージというわけではなく間違った使い方をすると肌の赤みやかぶれといった原因にもなるので注意が必要です。

ただし他の自己処理方法と比較すると安全性というのは十分に確保されています。

特にピンセットでの毛抜きやカミソリでの処理は肌に対して激しい摩擦や皮膚に大きな負担をかけてしまい、場合によっては傷ができる可能性もあります。

この傷がついた箇所から細菌などが侵入すると炎症も伴ってしまうため、これらの自己処理方法はお世辞にも安全性に優れているとはいえません。

安全性という意味では正しい方法で使えば肌への負担も軽くすることができる除毛クリームが自宅での自己処理方法としては無難という見方ができます。

除毛クリームの肌への負担
〇 正しい使用方法なら安全
〇 毛抜き・カミソリより安全

 

5. 除毛クリームの基本的な使い方

除毛クリームの基本的な使い方や肌への負担を軽くするコツを順番に解説してみましょう。

ただし一口に除毛クリームといっても現在では各メーカーから、さまざまな種類の除毛クリームが販売されているため、実際に自分で使用する時には付属されている説明書などに一度目を通すことを推奨します。
ここではあくまでも一般的な除毛クリームの使い方を紹介します。

5-1. パッチテストをする

除毛クリームを実際に塗布する前に必ずパッチテストをするようにしましょう。

理由としては除毛クリームに配合されている成分が肌に合わずに、肌トラブルを起こしてしまう危険性もあるためです。

パッチテストのやり方は少量のクリームを脚や腕に塗った後に、ぬるま湯などで洗い流して1日ほど様子を見ます。

この段階で肌の赤みやヒリヒリするといった症状が出ていなければ、使用しても大きな問題は起こりにくくなります。

5-2. 除毛したい箇所・部位にクリームを塗る

ムダ毛が気になる箇所にクリームを塗布します。

大抵の除毛クリームにはムラなく綺麗に濡れるようにヘラやスポンジが付属されているため、これらを使用しながらできるだけしっかり塗ることをおすすめします。

ここで薄く塗ってしまった箇所があるとその部分だけ毛穴に毛が残ってしまうため、除毛効果があまり感じられなくなってしまいます。

また除毛クリームを塗る前に肌が濡れていないか確認することも大切です。

これは肌が濡れているとクリームが肌につかなくなってしまうためです。
「まばらな仕上がり具合になってしまった・・・」ということを防ぐためにも、ここは丁寧に塗るということを意識しましょう。

5-3. 一定時間放置して拭き取る&洗い流す

綺麗にクリームを塗り終えたら、毛穴の奥に浸透するように一定時間放置します。

この待ち時間は除毛クリームの種類にもよりますが、一般的に10分前後が目安とされています。
待ち時間に関しては各除毛クリームに添付されている説明書にも記載されているため、使用前に確認しておきましょう。

一定時間そのままの状態にしておき、除毛できていると確認したらゆっくりとクリームを拭き取っていきます。

拭き取り完了後は水かぬるま湯で綺麗に洗い流すようにしますがこの時にクリームの影響で肌にも多少の負担がかかっているため、できるだけ優しく洗い流すことを意識してみてください。

5-4. 保湿ケア

除毛後は肌もダメージを受けているため、保湿ケアは必須となります。

保湿ケアは特別なことをする必要はありませんが、最低でも肌の保湿を高める保湿クリームや化粧水などでしっかりと肌を守るようにしましょう。

またクリームを塗っていた箇所を冷やしたタオルなどで冷却することで炎症も抑えやすくなります。

 

6. 除毛クリームを使用する上で注意しておきたいこと

毛抜きやカミソリより効果が高く安全性も確保されている除毛クリームですが、使用する際の注意点ももちろんあります。

ここでは除毛クリームを使用する時に注意しておきたいことを2つ取り上げたいと思います。

6-1. 生理・妊娠中の期間の使用は避ける

生理直前になると「肌の調子が悪くなる」という女性は多いです。

これは生理の時期になるとホルモンバランスが変化するためです。

具体的には妊娠するために必要となる黄体ホルモンの分泌が盛んになりますが、この黄体ホルモンは外部の刺激から肌を守る抗菌ペプチドを減少させてしまうため、肌のバリア機能も低下しやすくなってしまいます。

妊娠中の期間も同様の変化が起きておりこの時期に除毛クリームを使用すると通常よりも大きな負担がかかることになるため、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

ムダ毛が気になる気持ちはわかりますが、生理の時期や妊娠中は「何もしない」という方法が最も安全です。

6-2. 顔やデリケートゾーンへの使用は避ける

除毛クリームは基本的に顔やデリケートゾーンへの使用は避けたほうが無難です。

まず除毛クリームを顔に塗布するのを控えたほうがいい理由ですが、顔というのは全身の中でも特に皮膚が薄いとされている箇所です。

除毛クリームには前述のチオグリコール酸カルシウムの他にもアルカリ剤という成分が含まれており、これらが肌を構成しているタンパク質を溶かしてしまうため皮膚が薄い顔へ使用すると大きなダメージを与えています。

また顔には目、口、鼻といった粘膜が存在していますがこの粘膜に誤ってクリームが付着した場合は痛みを伴うこともあります。

これと同様にデリケートゾーン、いわゆるVIOラインですがこちらも生殖器官といった大切な粘膜が存在しているため除毛クリームの使用は控えるのが無難とされています。

大抵の除毛クリームには「粘膜には使用しないでください」という注意書きが記載されているため、実際に使用する前にはこれらの注意点にもしっかりと目を通しておきましょう。

 

7. まとめ

今回は自宅での自己処理用アイテムとして人気の除毛クリームの特徴、効果、使い方、注意点などを紹介しました。

除毛クリームは脱毛サロンや医療機関での脱毛のように効果が長期間持続するわけではありませんが、気軽にできる自己処理の方法としては適しています。

特に毛抜きやカミソリでムダ毛を処理しているという方は安全面や衛生面のことを考えると一度除毛クリームを試してみる価値は十分にあります。

正しい使用方法で安心、安全に綺麗な肌を目指していきましょう!