脱毛と脇汗

脇脱毛をしてから汗の量が増える原因は何なのでしょうか?

多くの人はこの脇汗が増える原因がわからないため、正しい対策ができないと悩んでいます。

脱毛後の脇汗が増える原因がわかれば対策もしやすくなりますよね。
今回は脱毛後の脇汗が増える原因と対策を中心に、この2つの関係について迫ってみましょう。

1. 脱毛後に脇汗が増える原因は何なの?

サロンや医療機関での脱毛を受けてから脇汗が増えたと感じる原因は主に2つあります。

ここではその2つの原因を取り上げてみましょう。

1-1. 脇毛がなくなることで汗がダイレクトに肌に流れる

脱毛を考えている方の中には「脇毛はムダ毛」と思っていることが多いようです。
しかし脇毛というのはただ脇から生えている毛ではなく、実際にはさまざまな役割を担っています。

その一つが脇から分泌される汗を吸収して、汗を蒸発させることです。
この汗を吸収する役割がある脇毛が、脱毛によりなくなるとどうなるか想像できますよね?

そう、脇の下から流れてくる汗がダイレクトに肌に伝わるようになってしまうのです。
つまりこのケースでは「脱毛で脇汗が増えた」というのは間違いであり、正確にいえば脇汗が「増えたように感じる」だけとなります。

日常生活において脇の箇所だけ汗染みを起こしている方が良い例ですが、脇というのはもともと汗を分泌する汗腺が他の部位と比べても多いです。
そのため今までストッパー的な役割を担ってきた脇毛がなくなると、本人も驚くほどの汗が肌を流れることが多くなります。

1-2. 脱毛をしてから意識が脇に集中するようになった

サロンや医療機関で脱毛を受けた後はどうしても施術箇所が気になる傾向にあります。
具体的には「ちゃんと脱毛できているかな?」「変な異常は見られないかな?」というものですね。
この脱毛した脇に意識が集中すると汗が分泌されやすい状態になることもあります。

意識が集中しているということは、一種の緊張状態になっています。
日頃の生活の中で緊張すると汗の量が増えるという方は多いですが、脱毛後に脇汗の量が増えたというのも同じ原因です。

この集中、緊張状態から汗の量が増えることを精神性発汗と呼びます。
脇脱毛のケースにおいては以下のようなループが代表的です。

【脱毛後数日は脇が気になる】→【気にするから汗の量が増える】→【汗の量が増えるからずっと脇に意識が集中して汗が止まらない】

特にこのような精神性発汗の場合は噴き出すように汗が分泌されることも多く「これ大丈夫なの?」と不安に陥るケースも少なくありません。
この不安というストレスからさらに汗をかいてしまうという悪循環に陥る方もいるため、注意が必要となります。

 

2. 脱毛と汗腺について

脱毛後の脇汗の悩みで多いのが「脱毛してから特に数日間は汗の量が増える気がする」というもの。
これは脱毛により汗腺が刺激されていることが原因です。
ご存じのように脱毛というのは毛や毛根にアプローチをかけると同時に肌にも負担がかかります。

肌に負担をかけているのはフラッシュ脱毛の光、レーザー脱毛でのレーザーなどが代表的ですね。
これらの光やレーザーというのは毛根や肌だけでなく、汗腺にも多少の刺激を与えています。

汗というのは汗腺が刺激を受けることで分泌される仕組みになっているため、脱毛後に汗の量が増えることがあります。
ただしこのような汗腺への刺激による脇汗の場合は一過性のものが多く、ほとんどの方は1週間程度で治まります(※個人差あり)。

逆に一定期間で脇汗が治まる気配がない場合は、先ほども取り上げたように精神性発汗もしくはもともとの汗の分泌量が多いかのどちからかに当てはまるでしょう。

 

3. 脱毛後の脇汗対策はどうすればいいの?

女医と脇汗

脱毛後の脇汗の原因がわかれば、後は対策を考えるだけですね。
ここでは脱毛後の脇汗対策をいくつか取り上げてみましょう。

3-1. 水で濡らしたタオルでこまめに手入れする

脱毛後の脇汗対策では最もシンプルで安全性が高い方法です。水で濡らしたタオルでこまめに手入れすることで、脇の状態を清潔に保つことができます。

脇汗というのは長時間放置すると雑菌や細菌と混じり合うため、不快な臭いを発する原因にもなります。
汗だけならいいかもしれませんが、臭いになると周囲にも迷惑をかけることが予想されるため、濡れタオルでしっかりと汗を拭き取っておきましょう。

3-2. 脇汗パッドを使用する

脱毛後の脇汗で悩む方以外にも人気の脇汗パッド。
脇汗パッドは脇の下の汗を効率的に吸収してくれるため、脱毛によって処理された脇毛の代わりとしても使用できます。
また汗の臭いの元でもある雑菌や細菌の繁殖も抑える効果も期待できるでしょう。

脇汗パッドには衣服に貼るタイプと、脇に直接貼るタイプの2種類があります。
種類によってどちらが優れているというのはないため、最終的には自身の好みのパッドを選んでも問題はありません。

ただし衣服に貼るタイプの脇汗パッドの中には洗濯をすれば繰り返し使用できるという種類もあります。
そのため脇汗対策にかける費用を安くしたいという方であれば、このようなタイプの脇汗パッドを選ぶようにしましょう。

3-3. 食生活の根本的な見直し

ひと昔前と異なり、現在の日本人の食生活は欧米のように肉や乳製品などが中心となっています。
この食生活の変化が脇汗の悩みを増やしている原因の一つでもあります。

と、いうのも肉や乳製品といった脂肪分が多い食材というのは汗腺を刺激するという性質を持っているため、これにより汗が分泌されやすくなります。

また動物性脂質を大量に含んだ汗はドロッとした粘り気があるのが特徴で、独特のアンモニア臭も放っているため、臭いもきつい傾向にあります。
その他ではコーヒーなどに含まれるカフェインや冷たい飲み物の大量摂取も控えたほうがいいでしょう。

理由としてはカフェインは中枢神経を刺激すると同時に汗腺も刺激してしまうためです。
冷たい飲み物に関しては全てが悪いということではありませんが、体を急激に冷やして自律神経を乱してしまうことがあります。

自律神経が乱れると汗腺にも余計な刺激を与えてしまうため、短時間の大量摂取は控えるのが無難です。
また当然のことながらお酒などに含まれるアルコールの大量摂取も好ましくありませんね。

アルコール自体に発汗作用があるため、汗っかきの人は特に注意しておきたいポイントです。
これらの食生活が日常的になっているという方は、自分でできる範囲でかまわないため、食事メニューの見直しを行ってみましょう。

具体的には女性ホルモンの働きを高める食事を意識することです。
実は女性ホルモンには汗を抑える作用というのがあります。
そのため効率的に体内で女性ホルモンが増えれば脇汗で悩むことも少なくなります。

しかし実際には女性ホルモンをすぐに増やすということは難しいです。
そこで日常生活で摂取してもらいたいのが納豆、豆腐、味噌などの大豆製品です。

大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることがわかっており、体内で女性ホルモンの代用として活用することができます。

大豆製品を意識的に摂取して、汗の分泌を少しでも抑えるようにしましょう。
またキュウリ、トマト、ナスなどの夏野菜は体内の熱を効率的に放出するため、脇汗の抑制に役立ちます。

3-4. 脇に意識を集中させない

脱毛後の脇汗が増える原因でも取り上げたように、脇に意識が集中しすぎると余計に発汗しやすくなります。
そのため必要以上に脇のことを考えないという意識を持つことが大切です。
と、いっても「それでも脇のことを考えてしまう」という方もいますよね?

そのような方は脱毛後しばらくは趣味の時間を増やしたり、知人や友人と会って食事などを楽しむようにしましょう。
これはあくまでも精神的な問題が大きいため、正しい正解というのはありませんが大切なのは脱毛から意識をそらすことです。

基本的に脱毛後に痛み、かゆみ、かぶれ、赤みなどがなければその後に大きな問題に発展することは少ないです。
そのため肌に違和感がないケースにおいては、極力普段通りの生活を送るようにしましょう。

 

4. 脇汗対策でよく使われる制汗剤について

脇汗のみならず汗の量で悩む方によく使われているのが制汗剤です。
制汗剤はクロルヒドロキシルアルミニウムなどの成分が配合されています。
これらの成分は汗の中に存在するタンパク質と合成して凝固します。

凝固されることで汗の出口でもある汗腺を塞ぐことができ、発汗を抑えられる仕組みになっています。
そのため発汗で悩まれている方には特に人気の制汗アイテムですが注意点もいくつかあります。

その一つが現在脱毛中の方が使用するのはできるだけ控えたほうがいいという点です。
これは制汗剤を塗布することで綺麗にムダ毛が処理できなくなる可能性があるためです。

制汗剤には毛穴を収縮させる作用があり、通常時よりも毛穴が引き締まりやすいという特徴があります。
毛穴が引き締まっているということは「毛が抜けにくい状態」ということです。

そのためスムーズな脱毛ができなくなる恐れもあります。
また脱毛機で肌にダメージを与えるため、制汗剤の成分が余計な刺激を与えてしまう可能性もあるでしょう。
最悪の場合は炎症や肌トラブルも起こしてしまいます。

ちなみにミュゼなどの大手脱毛サロンでも施術当日の制汗剤使用は原則禁止とされています。
肌の状態にもよりますが、基本的に脱毛する日は施術前はもちろんのこと施術後の使用も控えたほうがいいでしょう。

もちろん施術日以外の日であれば使用することは可能ですが、脱毛後に毛が抜け始める時期(大抵は1週間~2週間前後)は別の方法で脇汗対策を行うことをおすすめします。

制汗剤を使用しても問題ない時期などは各脱毛サロンや医療機関で異なりますが基本的には「制汗剤を使用しない脇汗対策を推奨」しています。

 

5. まとめ

今回は脱毛で脇汗が増えるという疑問について迫ってみましたがいかがでしたでしょうか?
脱毛後の脇汗は確かに汗腺が刺激される影響で一時的に増えたりするケースもあります。

しかしそれ以外にも精神的な問題や、汗の量は変わっていないけど脇毛がなくなったことでそう感じるだけということもあります。
つまり脱毛後の脇汗が増える原因というのは一つだけではないということですね。

この脇汗の原因をしっかりと把握するというのも脇汗対策を行う上では大切です。

また、脱毛する場合は、お店選びも重要です。
技術力の高いお店で脱毛するか、下手なお店で脱毛するかでも脇汗が増えるかどうかも違うこともあるからです。

お店選びは、脱毛サロンはどこが良い?エステ、クリニック、失敗しない選び方!を参考にして選ぶと良いかと思います。

自分に合った対策を見つけて脱毛後の脇汗の悩みを解消できるように頑張ってくださいね。